臨終・通夜|葬儀ホールを倉敷・玉島・勇崎・浅口・真備でお探しならエヴァホール
よくあるご質問
ご葬儀の流れ
料金プラン
式場案内
お問い合わせ
法要の流れ
 仏教では、亡くなった人の霊の行き先が定まっていない期間を「中陰」といい、それが四十九日間あるとされています。遺族は四十九日の忌明けの法要を営みます。それまでは、遺族はお祝い事への出席を控えます。その後は亡くなった次の年の命日に一周忌、その翌年に三回忌、以降は三と七の回数で年忌法要を行い、三十三回忌、五十回忌の法要をもって成仏したと考えます。年忌法要を行う日は、命日を過ぎないように気をつけましょう。
初七日の法要は葬儀が終わった当日に行う家もありますが、亡くなった日を第一日として、7日目の前夜か、7日目当日の午前中に後飾りの祭壇をまつり、僧侶に読経をあげてもらいます。その後に、七日ごとに二七日(ふたなぬか)、三七日(みなぬか)、四七日(よなぬか)があります。
この日に親戚などを招いて供養するところもあり、また七七日が3ヶ月にわたる場合は「三月またぎ」はよくないといって五七日に満中陰法要を行う家もあります。地方や宗派によって違いますので、菩提寺と相談してください。法要を行うなら、白木の位牌を塗りの本式のものにし、仏壇に安置します。
四十九日…この日で満中陰法要、または忌明け法要、四十九日(しじゅうくにち)の法要を行います。法要には塗りまたは唐木の本位牌を用意し、僧侶を招いて読経してもらい法要を行います。
香典返しについて
忌が明けたら、忌明けの挨拶状とともに香典返しをします。いただいた香典の半額くらいの品物が主流で、1/3~1/2を目安に検討すると良いでしょう。弔事の時は、消耗品を選ぶのが一般的で、セッケンや砂糖、海苔などが用いられます。最近では、先様が商品を選べるカタログを贈るケースもあります。
逝去後、初めてのお盆を新盆または初盆といい、四十九日の忌明け前がお盆の時は翌年です。一般的には8月に行います。
春分・秋分の日を中日とし、前後各3日ずつ計7日間をお彼岸といいます。仏壇を清掃し、お墓参りを行います。

 
Copyright © 2007―2018. Sakae All Right Reserved.